【生活協同組合コープみらい】 組織一丸となって取り組む 地域での子育て応援の取り組み

活動紹介

 組織一丸となって取り組む 地域での子育て応援の取り組み

■概要

 コープみらいは、千葉県、埼玉県、東京都が事業エリアの生協で、340万人を超える組合員による、組合員同士の助け合いや地域のコミュニティづくり、生協の主な事業分野である「食」を通じた産地や生産者と共同した「食育」の取り組み等を通じて、地域の重要な課題の一つである子育てへの応援を通じて豊かな地域づくりを目指して活動しています。

 具体的な活動として、「みらいひろば」という託児付の定期的に消費者が集まる場を設け、食育等を通じた異世代間交流を実施しています。参加者の自発的なテーマ設定による、食品企業を呼んだ講習会、産地等への見学会など様々な取り組みを実施することで、子育て中の親の「私らしくいられる場」につながっています。この「みらいひろば」は、地域にお住まいの方なら誰でも参加していただける、地域に開かれた場として、多くの方に参加いただいています。

 また、乳幼児期、病児を抱える等で家事などに手助けの必要な家庭への有償ボランティア制度等で、組合員同士の助け合いの活動(子育て応援)を実施しています。さらに自主的、定期的な子育てひろばを実施し、親と幼児の集まる場を提供することにより、参加する親同士の教え合いやコミュニティづくりへの支援、ひろばでの子育てにおける先輩であるコーディネーターによる援助等を実施しています。

 その他にも、主に児童期を対象とした「お買い物体験」「料理教室」「環境企画(里山の教室、海辺の教室、川辺の教室、原っぱの教室など)」「たんぼ、はたけのがっこうシリーズ」等の見学や体験・学習や、農産物を中心とした産地へ親子で訪問し、栽培、収穫の体験や収穫物での料理教室、生産者との交流を実施したり、1回の体験ではなく、種まきから収穫、調理までの連続した体験も実施しています。また、食育サポーター等による食育に関する学校への出前講座も行っています。

■成果

 「みらいひろば」は、平成28年度3,286回開催し、参加者は延べ32,038人にのぼります。子育て中の母親からは「家事育児で疲れた私が、久しぶりに一人の人間として話せる場で、本当に充実した時間でした」との声が届いています。

 自主で行う子育て広場は、同世代の母親同士で悩みを共有しあったり、情報共有の場として、平成28年度は60会場869回開催し、参加親子は延べ5,626組になりました。また、自治体から受託して運営している子育てひろばも、6行政10カ所あります。さらに、農作物の生産者との交流、栽培体験や料理教室、食育に関する学校への出前講座などは、平成28年度は447回で参加者延べ13,101人にのぼり、今後は、組合員に限らず地域の消費者を対象とした子育て応援の取り組みに広げることで、地域への貢献を更に高めていきたいと考えています。

■URL
コープみらい