【はしご車】親子で楽しく「歌舞伎体操」 体力づくりと伝統芸能体験

活動紹介

親子で楽しく「歌舞伎体操」 体力づくりと伝統芸能体験

概要

 近年「和」の動きに注目をしている中京大学体育学部教授で医学博士の湯浅景元先生が提案する、歌舞伎独特の動きを模倣することにより楽しみながら体力づくりができる体操が『舞伎体操』です。
*参考文献「なりきり歌舞伎体操」ポプラ社発行 湯浅景元著

 モデルを務めた、歌舞伎役者・中村橋吾さんが講師として各地で教室を開催しています。歌舞伎の様々なエピソードや体験談などのトークも交えつつ、【歌舞伎体操】を基礎からじっくり教えてくれるので、歌舞伎ファンの方はもちろん、そうでない方もエクササイズを楽しく体験できます。

 歌舞伎役者になったつもりで「楽しみながら」身体を動かすことを重視し、幼児も楽しめる動きや親子で楽しめるプログラムを提供しています。

成果

 子供や親子を対象に教室を開催することも多く、2018年現在では約6施設(保育園、幼稚園など)を訪問しました。

 保育園では4,5才児が実演の後に「声、大き過ぎ」「かっけぇ!」。「もう一回!」のリクエストに応え、再び見得が決まると、誰の合図もないのに、最初に練習した「成駒屋!」の大向うが、ピタッ と決まるなど、「本物」を実際に目で見て体験する機会を通して、伸び盛りの好奇心を大きく育んでいます。

■URL 
歌舞伎体操ホームページ
中村橋吾の橋吾談

紹介ページはこちらからご覧いただけます。