【ピジョン】ピジョンにっこり授乳期研究会プロジェクト

活動紹介

ピジョンにっこり授乳期研究会プロジェクト

概要

にっこり授乳期研究会は2015年に設立され、『より多くの赤ちゃんが健康に育つこと、より多くのママが子育てに幸せを実感できること、この両方を大切にする社会』を目指し、母子に関わる様々な専門家と共に授乳期の課題を議論し、解決策を考える活動を行なっています。調査や研究などの客観データをベースに現状の把握および問題点を明らかにし、方向性を定め解決策を提供していきます。

成果

【しあわせ授乳サポートBOOKの発行】
日米中の3ヵ国においてママの授乳に関する調査を実施。調査結果から明らかになった日本のママの授乳に関する課題に対し、授乳期をよりしあわせに過ごしてもらうための「大切な5ポイント」をまとめた「しあわせ授乳サポートBOOK」を制作しました。現在約25万冊以上を全国の病産院等へ無償提供をしています。
【NICUに入院した後期早産児と母親のこころの研究】
NICUに入院した後期早産児を持つ母親へのインタビューを実施。「心のケア」をテーマに質的研究を行い、母親たちの抱える想いを明らかし、2018年の母性衛生学会、新生児看護学会にてその研究成果を発表しました。


紹介ページはこちらからご覧いただけます。