健やか親子21(第2次) (~平成36年度まで)

「健やか親子 21」は、平成 13 年から開始した、母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画です。母子保健はすべての子どもが健やかに成長していくうえでの健康づくりの出発点であり、次世代を担う子ども達を健やかに育てるための基盤となります。
平成 27 年度からは、現状の課題を踏まえ、新たな計画(~平成 36 年度)が開始されました。

課題の構成

〇 「すべての子どもが健やかに育つ社会」の10年後の実現に向け、3つの基盤となる課題と2つの重点的な課題を設定しました(図1)。

〇 まず、3つの基盤課題のうち、基盤課題Aと基盤課題Bには従来 から取り組んできたが引き続き改善が必要な課題や、少子化や家族形態の多様化等を背景として新たに出現してきた課題があり、ライフステージを通してこれらの課題の解決を図ることを目指します。また、基盤課題Cは、基盤課題Aと基盤課題Bを広く下支えする環境づくりを目指すための課題として設定しました。

〇 次に、2つの重点課題は、様々ある母子保健課題の中でも、基盤課題A~Cでの取組をより一歩進めた形で重点的に取り組む必要があるものとして設定しました。

 

健やか親子21(第2次) イメージ図 (図1)

sukoyaka2_img01

指標および目標値の一覧

各グラフページへのリンク
エクセルのダウンロードを行って頂けます