学童期・思春期から成人期に向けた保健対策    指標活用グラフダウンロード

基本課題A 基本課題C 重点課題1 重点課題2

 

指標名 ベースライン 中間評価(5年後)目標 最終評価(10年後)目標 ベースライン調査 今後の調査






十代の自殺死亡率 10~14歳
1.3(男1.8/女0.7)
15~19歳
8.5(男 11.3/女5.6)
(平成24年)
 10~14歳減少
15~19歳減少
 10~14歳減少
15~19歳減少
〇人口動態統計 〇人口動態統計
 2 十代の人工妊娠中絶率 7.1
(平成23年度)
6.5 6.0 〇衛生行政報告例 〇衛生行政報告例
 3 十代の性感染症罹患率 定点1カ所あたりの報告数
性器クラミジア 2.92
淋菌感染症 0.82
尖圭コンジローマ 0.33
性器ヘルペス 0.35
(平成24年)
減少 減少 〇感染症発生動向調査 〇感染症発生動向調査
 4 児童・生徒における痩身傾向児の割合 2.0%
(平成25年度)
1.5% 1.0% 〇学校保健統計調査 〇学校保健統計調査
 5 児童・生徒における肥満傾向児の割合 9.5%
(平成25年度)
8.0% 7.0% 〇学校保健統計調査 〇学校保健統計調査
 6 歯肉に炎症がある十代の割合 25.7%
(平成23年)
22.9% 20.0% 〇歯科疾患実態調査 〇歯科疾患実態調査(次回調査:平成28年予定)






 7 十代の喫煙率 中学1年
男子 1.6% 女子 0.9%
高校3年
男子 8.6% 女子 3.8%
(平成22年度)
 中学1年
男子・女子0%
高校3年
男子・女子0%
 中学1年
男子・女子 0%
高校3年
男子・女子 0%
〇平成22年度厚生労働科学研究(大井田班) 〇厚生労働科学研究
 8 十代の飲酒率 中学3年
男子 8.0%女子 9.1%
高校3年
男子 21.0% 女子18.5%
(平成22年度)
中学3年
男子・女子0%
高校3年
男子・女子0%
中学3年
男子・女子0%
高校3年
男子・女子0%
〇平成22年度厚生労働科学研究(大井田班) 〇厚生労働科学研究
 9 朝食を欠食する子どもの割合 小学5年生9.5%
中学2年生13.4%
(平成22年度)
小学5年生5.0%
中学2年生 7.0%
中間評価時に設定 ○児童生徒の食事状況等調査(独立行政法人日本スポーツ振興センター) ○児童生徒の食生活実態調査






 10  学校保健委員会を開催している小学校、中学校、高等学校の割合 (参考)85.1%
(平成24年)
 小学校・中学校 %
高等学校 %
 小学校・中学校 %
高等学校 %
○文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課調べ ○文部科学省スポーツ・青少年局学校健康教育課調べ
 11 地域と学校が連携した健康等に関する講習会の開催状況 53.6%
(平成25年度)
80.0% 100% 〇母子保健課調査 〇母子保健課調査






 参1 スクールカウンセラーを配置する小学校、中学校の割合  小学校37.6%
中学校82.4%
その他1,534箇所
(平成24年度)
 ― 〇文部科学省初等中等教育局児童生徒課調べ 〇文部科学省初等中等教育局児童生徒課調べ
 参2 スクールソーシャルワーカーの配置状況 784人
(平成24年度)
〇文部科学省初等中等教育局児童生徒課調べ 〇文部科学省初等中等教育局児童生徒課調べ
 参3 思春期保健対策に取り組んでいる地方公共団体の割合 自殺防止対策19.1%
性に関する指導41.1%
肥満及びやせ対策17.9%
薬物乱用防止対策24.6%
(喫煙、飲酒を含む)
食育48.0%
(平成26年度)
〇母子保健課調査 〇母子保健課調査
 参4 家族など誰かと食事をする子どもの割合 小学校5年生
朝食84.0%
夕食97.7%中学校2年生
朝食64.6%
夕食93.7%
(平成22年度)
〇児童生徒の食事状況等調査 〇児童生徒の食事状況等調査
(参考)
〇平成27年度乳幼児栄養調査

専門の方向け