「乳幼児健診情報システム」とは?

 市区町村の乳幼児健康診査で得られたデータ等を、市町村や保健所が日頃の母子保健活動に利活用できるように支援するためのツールです。主に、データ管理・集計・報告を目的としてマクロでプログラムされたエクセルファイルで出来ています。
 システムで扱うのは、全国で共通の乳幼児健康診査で必須問診項目として設定された15項目です。この15項目は、平成27年度より開始された「健やか親子21(第2次)」の指標となっており、各市区町村は毎年度調査を行い、都道府県は市区町村のデータを集計し、国(厚生労働省母子保健課)に報告することとなっています。

詳細はご利用ガイドをご覧下さい

乳幼児健診システム ダウンロード

令和2年度以降実施分の入力用

※「健やか親子21(第2次)」の中間評価を踏まえ、従来のシステムから内容を一部修正しています。 お間違えのないようダウンロードをお願いします。


令和元年度実施分の入力は、こちらをご使用ください