妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにもとても大切な時期です。しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんにはさまざまな苦労があります。
 
マタニティマークは、妊産婦さんが交通機関や職場、飲食店等において身につけることで、周囲の方が妊産婦さんへの配慮を示しやすくするものです。

マタニティマークを身に着けた方を見かけたら

電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける、喫煙を控える等、
思いやりのある行動をお願いします。

マタニティマークを身に着けた妊婦さんの気持ちとは もっと見る ▶

● 「もしも」の時のために身につけています。
● 元気なときは大丈夫、でも声をかけてもらえるとうれしいです。

マタニティマークを身に着けたことがある先輩ママの感想 もっと見る ▶

● 妊娠初期は気づかれないことが多いので、座席を譲っていただきうれしかったです。
● お腹が目立たない時期でも普段とは体調が違うので、座れる場所を提供してもらえるとありがたいです。


マタニティマークのデザインを活用した普及啓発にご協力をよろしくお願いいたします。


マタニティマークのデザインは
妊婦さんにやさしい環境づくり促す取り組みにおいて
ご利用いただくことができます。

マタニティマークのデザインを使用される場合は、マークの趣旨を正しく啓発いただくことを目的に、使用規定にもとづいてご活用いただきますよう、
ご理解の程よろしくお願いいたします。